イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

初めてちゃいよーブログを訪れた方はこちらの記事から↓

【ちゃいよー初心者の方へ】ちゃいよーって誰やねんっ!??て人はまずこれを読んでね!

僕はこれまでの学生生活でヒッチハイクを数多く行い、通算100台以上は乗せてもらいました。
ヒッチハイクで別府から大阪まで旅行したり、タイの田舎からバンコクまで、シンガポールで道に迷った時に最寄りの駅まで‥笑

特に学生の内にヒッチハイクをするのはおすすめです。ちゃいよーがヒッチハイクをする4つのメリットを紹介します。



それでは、早速いってみよー






タダ

まずはやっぱりこれでしょ。金銭的に余裕のない学生にとってはありがたい話ですよね。実際に、僕は旅行の時だけではなく、単なる交通手段としてヒッチハイクをしていたこともあります笑 

別府から福岡はバスでいけば片道2千円ちょっとですが、ヒッチハイクをしてその分のお金を浮かしていました。「時間の無駄だろ」と思った方もいると思います。しかし、意外かもしれませんが、ヒッチハイクはバスを待つ時間もないし、バスのようにバス停で毎回停まらないので、別府-福岡間に関していえばヒッチハイクの方が早い場合が多いです。

※ただし、当日のコンディションを見極める必要がありますが‥笑





トーク力が鍛えられる。

乗せていただける方は職業も年齢も実に様々です。毎回乗せてくれる人が違うので、もちろん毎回トークテーマは変わってきます。ある車内では政治の話をして、またある車内では恋愛の話をしました。
その場の雰囲気や話の内容に合わせて自分の話すスピードであったり、聞き方を変えていかなければなりません。

トーク力のある人の一つの要素に、「相手に合わせて話を変えられる」というものがあります。リクルートで営業成績トップのような残しているような人々は、相手に合わせて商品の売り方を変えると言います。

ヒッチハイクで培ったトーク力は、今後のビジネスに活かせるかもしれません。






地域の人しか知らない情報を知れる

ヒッチハイクをしていると、インターネットや旅行雑誌には載っていない情報を知ることができます。あまり、都市部の観光地はネット上に情報が溢れかえっていますが、田舎の観光地の情報って少なかったり不完全なものが多いです。

乗せていただいた方からその地域ならではの情報を入手して、オリジナリティーのある旅にすることができます。


いかがでしたか?

僕が最初にヒッチハイクをした4年前、僕の周りではちょっとしたヒッチハイクブームが起こってました笑。

それぞれがヒッチハイクをしたきた後に、みんなで集まって道中のエピソードを共有する時間はサイコーに楽しいです。

皆さんも、ぜひヒッチハイクやってみてください👊









とは言っても



いきなりヒッチハイクをするのはちょっと不安ですよね?






そ・こ・で



ヒッチハイクバージンに向けて、ヒッチハイクの7カ条という記事を書きましたので、興味のある人は読んでみて下さい!

それじゃ、再见〜