イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

初めてちゃいよーブログを訪れた方はこちらの記事から↓

【ちゃいよー初心者の方へ】ちゃいよーって誰やねんっ!??て人はまずこれを読んでね!

日田川開き観光祭のメインイベント「ハンギリ源平合戦」を見てきました〜。

ハンギリ源平合戦とは
日田川開き観光祭の名物行事のひとつとして「ハンギリ源平合戦」が三隈川で行われます。半分に切った特大桶「ハンギリ」に乗り、相手の頭上の風船を割ったり、速さを競ったり、相手を川に落としたりします。
出典:【ハンギリ源平合戦】アクセス・イベント情報-じゃらんnet


DSC_0985
第一種目は徒競走!先に反対側の岸に着いた人の勝利。
途中で桶から落ちたらその時点で失格😱


DSC_0986


DSC_0987
白熱したレース!

DSC_0988
残念無念!敢え無く入水!





DSC_0992
大分住みます芸人の野良レンジャーが司会進行でした。
左側のメガネをかけてる竹尾さんは日田出身なんだそう。どことなく秋元さんに見えるのは僕だけでしょうか‥




DSC_0993
第二種目はアヒル拾い!2分間の間に、水面に浮いているアヒルをなるべく多くすくい、自分の桶に入れ、最初のスタート地点に戻って来なければなりません。ちなみに、これは3対3のチーム戦です。

DSC_0996
自分のスタート地点に戻ってくるまでがアヒル拾い。制限時間の2分以内に戻れなければ、拾ったアヒルは得点に加算されません。







ちょっとここで‥





ちょっとアヒルひろいをずっと見てると、正直飽きてきたので、少しハンギリ合戦会場の周辺を散策することにしました。






DSC_0998
水上の遊園地。小学生以下のために無料解放されてました。
残念ながら、僕たちはできません。ちゃいよーは精神年齢が小学生なのに‥ってかんけーないか。


DSC_1002
地域の小学生による鼓笛隊。気温が暑いためか、なぜかみんな顔が死んでいる‥
「東南アジアの屋台の店員かよ。」と心の中で突っ込んだ。





さぁ、気を取り直して、ハンギリ源平合戦会場へ。戻りましょー。







DSC_1006
最終種目、風船割りが始まってました。徒競走、アヒルひろいの得点が高い上位4チームのよる準決、決勝戦の幕が明けました。3対3のチーム戦で風船を割られるか桶から落ちたらその人は失格。兜を被っている人が大将で、大将の風船が割られるか桶から落ちた時点でそのチームの負けです。




DSC_1008
両者一歩も譲らぬ白熱した展開。

DSC_1010
日田のマスコットキャラクター「なしロー」も固唾を飲んで戦いの様子を見守る。
てか、めっちゃ観客として溶け込みすぎwww





DSC_1015


DSC_1016


DSC_1017
女性同士の攻防。周りで観戦していた男性陣は「落ちろー!!」と心の中で叫んでいたに違いありません。

激しい攻防の末、優勝チームが決まりました。




なんと、優勝チームには賞金5万円が!!



来年は出場したいな〜





最後に、三隈側の素晴らしい風景をみなさんにお届け〜

DSC_1020

DSC_0982


P.S. アディダスとプーマの創業者は兄弟。

それじゃ、再见〜