イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

初めてちゃいよーブログを訪れた方はこちらの記事から↓

【ちゃいよー初心者の方へ】ちゃいよーって誰やねんっ!??て人はまずこれを読んでね!

インターンシップでバンコクに滞在していた際、日本語を流暢に話すタイ人に何人か出会いました。


彼ら彼女らのほとんどが日本に留学したことがない人達です。


にも関わらず、日本語を流暢に話せるのはなぜか…。

聞いてみたところ、ある共通点を発見しました。それは何か…






彼らはアニメから日本語を学んでいたということです。





アニメで勉強したというより、アニメをみていたら自然と日本語を話せるようになっていたという表現の方が正しいかもしれません。


日本には何万何千種類ものアニメが制作され、世界を代表するアニメ大国なのはみなさんご存知でしょう。

形式ばった表現を学ぶ語学の教科書と違って、アニメからは自然な日本語を学ぶことができます。教科書から学べる日本語なんて実践的ではないし、学んでいて楽しくないです。

例えば、日本語を学ぶ外国人にはこんな有名な一文があります。






「今日は天気がいいので、お散歩にいきましょう」


こんな文章いつ使うん??笑笑

隠居生活してるおじいちゃんがおばあちゃんに言うか言わないかくらいの文ですよね…

日本人でいえば、英語のよく教科書に乗ってる

Aさん「How are you?」
Bさん「im fine thank, and you?」

im fine thank youとかシェアメイトやキャンパスで国際学生と会話する際にも使った記憶がない…。
全然実践的ではない。


ですが、アニメだったら、ストーリーを楽しみつつ、各言語を学ぶことができます。

現に、僕はアニメの中では名探偵コナンが大好きなので、英語や中国語バージョンでみたりして、語学力を楽しみながら鍛えてます。

余談ですが、コナンの有名なフレーズ「真実はいつも一つ!」は

・英語だと 「One truth prevails」
・中国語だと「真相永远只有一个

です。

日本のアニメは各言語に翻訳されているので、ぜひ外国語バージョンでみてみましょう。同じエピソードでも登場人物の名前が違っていたり、   新たな発見があって面白いですよ!


みなさんの好きなアニメは何ですかー??

ぜひ好きなアニメの外国語バージョンをみて、語学力を鍛えてみましょー(^O^)

P.S.  QRコードはQuick Responseの略で、日本人によって発明された。

それじゃ、再见〜