イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

初めてちゃいよーブログを訪れた方はこちらの記事から↓

【ちゃいよー初心者の方へ】ちゃいよーって誰やねんっ!??て人はまずこれを読んでね!

ネットサーフィンしていると、チェジュ航空で福岡ー釜山の便が往復で8千円弱だったので

「安い!」




「これは行くしかない!」






「韓国が俺を呼んでいる。」




そう思い、1泊2日の釜山弾丸旅を友人と二人で行ってきました〜。

今回の旅の目的は「カジノ」

釜山でのカジノは、フィリピン、ラオスについで、僕によって人生3回目のカジノです。
(ラオスのカジノについての記事はこちらから→ラオスでカジノ行ってみた Went to casino in Laos)


それじゃ、早速いってみよー。









カジノの道中で腹ごしらえと散髪を済ませ(韓国で散髪した記事はこちらから→【韓国】現地の床屋で髪を切ってもらった結果‥)



いざ、カジノへ!



釜山には2つのカジノがあり、最初に訪れたのはパラダイスカジノ

DSC_1519


DSC_1516
海沿いに位置するカジノです。

※カジノ内は写真撮影禁止のため、写真を取ることはできませんでした。

基本的に韓国のカジノは外国人専用で、パスポートを提示し、中に入ることができました。

今後も通いそうな予感がしたので、パラダイスカジノの会員登録をしました。登録は無料!

初回会員登録ということで、記念品(サイコロ、トランプ)と5万ウォン(約5千円)分のクーポン(チップ)をゲット。

まずは、5千円分のクーポンを使ってみることに。ブラックジャック、ポーカー、スロットマシン、ルーレット等様々なゲームをプレイできますが、そのクーポンでは、ルーレットしかできないため、とりあえずルーレットをしてみた。

赤か黒の2択で、ちゃいよーのラッキーカラーである赤に迷わず5万ウォンをベット!

その結果‥

当たりました(^^) クーポンがディーラーに回収され、5万ウォンのチップをゲットしました。

そこからはひたすらブラックジャックを1時間ほどプレイ。

最初は5万ウォンのチップを〇〇万ウォンまで増やすことに成功しました。
(最終的な金額は当記事後半にて、果たしてちゃいよーはいくらまで増やすことができるのか、それとも負けてすっからかんになるのだろうか)

引きが良く、そこそこ満足できる額まで増やせた僕は、ご飯休憩〜。


なんと、カジノ内の飲食は無料です!


パラダイスカジノでは、ブュフェ方式で、サラダ、スープ、ご飯等料理を楽しむことができます。

お腹も満たされ、満足した僕らは次のカジノへ!



本日2軒目のカジノは‥セブンラックカジノ
DSC_1528

DSC_1526

パラダイスカジノは少し質素な印象でしたが、セブンラックカジノは豪華な施設で、セレブになった気分で入店しました。

パスポートを受付でみせ、会員登録の手続きを済ませると、

初回会員登録サービスで千円分のクーポン(スロットマシンのみで使用可能)をもらいました。

スロットには、興味がなかったので、パラダイスカジノで稼いだ軍資金を元手に、ひたすらブラックジャックをプレイ!

休憩もしながら、計2時間くらいはプレイしました。

ここでは、飲食無料はもちろんのこと、アルコール飲料も飲めちゃいます♪( ´▽`)
(ちなみに、プレイ実績によって、注文できる数や、選べる料理の種類がかわります。)

パラダイスカジノは中国人のが多い印象でしたが、セブンラックカジノでは、日本人、欧米人、東南アジアなどの様々な地域から集客できている印象でした。


これにて、釜山カジノ旅しゅ〜りょ〜。

下記に釜山のカジノをまとめてみたので、参考にどうぞ↓



〜釜山のカジノまとめ〜
・外国人専用で、入場するにはパスポートが必要
・顧客層は中国人多め、セブンラックカジノは日本人もちらほら
・初回会員登録サービス有り。そのクーポンを使って、無料で少し遊べる。
・基本的に飲食無料。プレイ実績によって、受けれるサービスの質が上がる。
・最低ベット額は1万ウォン(約千円)〜
・日本語対応もしてる。初心者でも丁寧に教えてくれる。










それでは、お待たせいたしました。

釜山のカジノで計3時間プレイした結果いくらになったのか‥


















30万ウォン(約3万円)勝ちました♪( ´▽`)


今回勝てたので、来週も韓国行くことにしましたー笑

今回はビギラーズラックで勝てたかもしれないので、次回勝つことができれば、「カジノの勝ち方」についての記事を書こうと思います!

P.S. AV男優の職業病は腰痛ではなく、首痛。なぜなら、より良い画角で取れるように、通常の場合では有りえない首の角度を保つ必要があるからだそう。

それじゃ、再见〜