ちゃいよーの気まぐれブログ

カテゴリ: タイ

イランカラプテ~


どうも、ちゃいよーです。


今回は、僕が実際に半年間タイの首都バンコクでインターンしていた経験を元に、タイでの留学・インターンをすすめる3つの理由を紹介します!


1, 経済発見を肌で感じる

2, 貧困に触れる

3, タイにいる日本人は面白い



1
)経済発展を肌で感じる


タイの経済レベルは、一人あたりのGDPは5,899米ドル(2016)で、日本でいう1970年代にあたります。首都バンコクでは、建設工事が至る所でされており、都心を走るモノレール(BTS)は延線工事が日々行われていました。僕がタイで滞在していた時も、BTSの新しい駅が開通し、僕もその駅にいってみましたが、その地域の人々でごった返していました。僕が住んていたオンヌット駅の目の前にも、大規模工事が行われていて、、数年後には大型商業施設が建設されるそうです。このように、日本国内では普段感じることのできない経済発展具合を体感することができます。


2)貧困にふれる


著しい経済発展を遂げている一方で、首都バンコクとその他の地域での収入格差が拡大しています。そのため、道端では、物乞いが多いです。これはタイ国内だけの収入格差ではなく、ミャンマーやラオスからの労働者も流入しており、彼らは低賃金で重労働を強いられています。バンコク市内を歩いていると、物乞いを目にする機会が多いので、普段日本ではなかなか考えることのない貧困や社会問題について考えさせられます。このような問題を僕らのような学生だけで解決するのは厳しいものがありますが、知ることや触れることは実際に訪れると、誰だってできます。まずは、タイに来て貧困に触れ、現状を知りましょう。


(タイの物乞いに関する僕の記事はこちらから正解の無い二択 Two choices without a correct answer.)






3)タイにいる日本人は面白い!

タイにいる日本人は日本国内では出会うことのできないいい意味で“変わった日本人”がたくさんいます。

僕はタイで様々な日本人の方に出会いました。ブロガーの方、投資家、旅人、飲食店の経営者、雑誌編集長、輸入業者、近々起業する予定の学生、タイ人女性と遊びまくっているチャラい大学生など‥笑

社会人の方は、仕事の関係でなくなくタイに来させられた方も一部にはいましたが、タイの将来性やタイという国が大好きでビジネスをしている方が多かった印象です。特にタイの日本人コミュニティーはたくさんあり、すぐに他の日本人と繋がれます。日本では普段会えないような職業の方にも比較的簡単に会えますし、みなさんノリがいいので、すぐ仲良くなれちゃったりします。



海外留学・インターンに興味のある学生の少しでも参考になれば幸いです。

それじゃ、再见〜

どうも、ちゃいよーです。

本日、大学のキャンパスにて、同大学のタイ人生徒を中心に、プミポン前国王の一周忌が行われました。



僕がタイに滞在していた昨年の11月〜5月(特に11月、12月)はバンコクの年全体が“黒”に包まれ、タイ国民がプミポン前国王の哀悼を表していました。(その時のバンコクの様子の一部はこちらの記事から確認できます。 →バンコク市内探索(オンヌット駅~サイアム駅周辺))
タイ国内中にプミポン前国王のモニュメントや肖像画が設置されており(現在、その一部はワチラロンコン現国王のものに入れ替わってます)、多くの人々から愛されてきました。


故プミポン元国王主導の元で行われた事業は2000千以上に達し、農村開発をはじめとした様々な事業に尽力されました。

また、出家して僧としてして修行を行ったり、軍に入隊した経験もあります。

1922年には、“暗黒の5月事件” と呼ばれる軍事クーデターを一喝し、事態をおさめたという功績もあります。内紛寸前のところを収束させたのです。

同氏のご活躍がなれけば、今のタイはなかったでしょう。

今後は、後継国王となったワチラロンコンがどのような対応をしていくのか注目である。

参考リンク
タイ・プミポン国王死去 政府機関は1年間の服喪
タイ プミポン前国王の一周忌 タイ プミポン前国王の一周忌
「足るを知る経済」はプミポン国王最大の遺産


それじゃ、再见〜

実は先週末、このタイトルにあるように、ひたすらもちと向き合っていました。
Actually, as I mentioned in this title, I was making lots mochi last weedends.






なぜもちと向き合っていたのか
why i faced mochi





【事の経緯】

実はご縁がありまして、Emqartierという大型ショッピングセンターで 「Japan Remix」という日本フューチャーイベントがあり、同イベントにて友人らとブースを開く機会をいただきました。ブースの名前は「Rak Motchi 」(ラック モッチ)で、大福を17日~19日(9:00~22:00)の期間販売してました。
Actually there was a bond, there was a Japan Future event called "Japan Remix" at a large shopping center named Emqartier, and we got the opportunity to hold a booth with friends at the same event. The name of the booth was "Rak Motchi" and we sold Daifuku from 17th to 19th (9: 00 ~ 22: 00).

112598
112594

なぜもちにしたのか
Why we chose mochi to sell in the booth 

・タイ国内で調達できる材料でつくることのできる
・ドライフルーツなどを刻んでふりかけをつくり、お客様に好みのふりかけをかけてもらうことでお客さんも巻き込んでつくることができる

上記の2点の理由からです。以上


· Can be made from materials that can be procured in Thai. · Dried fruits etc to engrave and sprinkle it, customers can also make it possible to get involved by sprinkling your favorite sprinkle It is because of the above two reasons. that's all


学校祭などでブースを開いたことがありますが、今回はいままで経験してきたブースとは大きく異なる点がひとつあります…


We have had booths at school festivals, etc., but this time there is one point which is very different from the booth which we have experienced so far ...





それは…
That is …










競合(他のブース)は飲食のプロフェッショナルであるという点です。 
Competitior (other booth) is that it is a professional of food service



ブース「ラック・モッチ」の隣の辻利さんをはじめ、普段は飲食店で食事を提供している企業がブースに名を連ねていました。学生メンバーで構成されているのは我らが「ラック・モッチ」だけでした。
Tsuji Risa, who is next to the booth "Luck Match", and companies that usually serve meals at eating and drinking establishments were named in the booth. It was only us "rack mochi" that consists of student members.


しかし、周囲の本格さに圧倒されながらも、なんとかブース運営をみんなで協力し、無事に終えることができました(^^)/
However, while being overwhelmed by the fullness of the surroundings, I managed to cooperate with the booth management somehow and finished safely (^ ^) /

112597
112595
112593


他のメンバーや当日シフトに入ってもらったボランティアの方にも交代しながらブースをまわしていましたが、僕個人としても3日間合計で最低でも10時間はブースにいて、もちを作っては売る、作っては売るといった作業を繰り返していました。

I was switching the booth while switching to other members and volunteers who had entered the shift on the same day, but as individuals I also stayed at the booth for at least 10 days in total for 3 days, selling it by making mochi , Making and selling it repeatedly.


長時間ブースにいたことで、様々な気付きがありました。
I was in the booth for a long time and I got a variety of awareness.






続きは次回の記事で…
its in the next article…fin  

11月にタイにやってきて早4カ月経ちました。すでにバンコクで4カ月過ごした僕が気付いたタイあるあるを紹介します!


Four months have passed since I came to Thailand in November. I already spent four months in Bangkok I will introduce you what i noticed in Thai.













タイあるある早くいいたい~♪














それでは早速いってみよー





①屋台の店でカニカマ売りがち

  tend to sell  crab stick at local market 

〜ちゃいよー一言メモ〜
タイ人はカニカマ大好きです。カニカマの軍艦とかもあるよ。

~ Chaiyo tips ~ Thai people like crab stick. There are also crab stick warships.



②タイ人彼女の彼氏=彼女の専属カメラマン
    Thai boyfriednd= Thai girl firends exclusive photogtapher

〜ちゃいよー一言メモ〜
タイ人女性はとにかくどこでも写真を撮るのがすきだし、自分の写真をとってもらうのが好きです。サイアムスクエア(日本でいったら原宿の竹下通りみたいな感じ)に行くと、あらゆる角度から写真を撮らされている彼氏と思わしき男性をたくさん見かけます…(笑)逆にタイ人彼女をゲットしたい人はとりあえずカメラ技術を学ぶべし!ww

~ Chaiyo tips ~ A Thai woman likes to take pictures anywhere and likes to have her own photo taken. When I go to Siam Square (like Takeshita street in Harajuku in Japan) I see many boyfriend and men who I think are being photographed from every angle ... lol Conversely, those who would like to get Thai girlfriend, must learn camera skill! hahaha

③常に渋滞してる
Always traffic jam

〜ちゃいよー一言メモ〜
これはタイあるあるというよりバンコクあるあるですね。バンコクの渋滞については以前記事で取り上げたので、詳しくはこちらの記事から→バンコクの渋滞

〜Cahiyo tips〜
There is Bangkok rather than being in Thailand. About Bangkok's traffic jam was covered in the previous article, from this article from details →Traffic jam in Bangkok




④とりあえず何が起こってもマイペンライ

Tentatively what happans, Thai people say"mai pen rai"

〜ちゃいよー一言メモ〜
タイ語マイペンライは日本語で言うと大丈夫という意味に近い言葉です。エレベーターが急停止してもマイペンライ、電車が1時間近く遅れてもマイペンライ、 タイ人はとにかく何が起こってもマイペンライっていいます。タイ人の許容範囲すげぇな…(笑)
俺は本当にマイペンライかよ?って状況も多々あるけどね…(笑)

~ Chaiyo tips~ "mai pen rai " the word that is close to the meaning of it deosnt matter in English. Even if the elevator suddenly stops, mai pen rai , even if the train is delayed by nearly an hour, mai pen rai. the Thai people say that they do not matter what happens anyway. Thai people's tolerance is excelent ... Is that really mai pen rai? There are many situations though ... lol


⑤タクシーの運転手に乗車拒否される
refused to ride a taxi by taxi driver

〜ちゃいよー一言メモ〜
日本ではいままで一度も乗車拒否されるなんてことはなかったので、バンコクで初めて乗車拒否された時は衝撃でした…タクシードライバーの言い分としては、目的地が遠いから、目的地までの行き方がわからないという…

〜Cahiyo tips〜

I had never been denied riding in Japan so far, so it was a shock when I was denied riding for the first time in Bangkok…the reasons why deny some pasenger such as dont know how to get to the destination,  the destination is far away and so on…

⑥タイ人は歩かない
Thai people do not walk

〜ちゃいよー一言メモ〜
とにかくタイ人は歩かない国民性です。日本人だったら徒歩10分くらいの距離だったらなんの躊躇いもなく歩きます。しかし、タイ人は5分以上は基本的に歩かないです。高温多湿な環境というのもあり、歩くと疲れるし、ちょっとした距離だったらソンテウ(乗り合いタクシー)やバイクタクシーなどの現地の乗り物が充実してるので歩く必要がないんです!

〜Chaiyo tips 〜
Anyway the Thai people do not walk nationality. If it is Japanese, it will walk no matter what kind of hesitation it is if it is about 10 minutes on foot. However, Thai people basically do not walk for more than 5 minutes. There is also a hot and humid environment, and it gets tired when walking, and there is no need to walk because there are plenty of local rides such as Sonteu (meeting taxi) and motorbike taxi at a short distance!

⑦ストローを使って飲みもの飲みがち
drink with a straw

〜ちゃいよー一言メモ〜
コンビニやスーパーで飲み物を買うと必ずついてストローがついてくる。
以前はタイの瓶の飲み口の部分が欠けていたり危なかったため、安全のためにストローを使うようになったそうだ。また、害虫の糞尿からおこる感染症を防ぐ目的など衛生面での目的もあるらしい。

~ Chaiyo tips ~ Whenever you buy a drink at a convenience store or supermarket, a straw follows. It seems that used to use straws for safety as it was missing or dangerous part of the bottle of Thai bottle in the past. There seems to be a purpose in sanitation, such as the purpose of preventing infection caused by pest excreta.


タイあるあるいかがでしたかー?
またネタ集まったらあるあるネタ更新します。ではでは

 

実はいまタイのプレミアリーグがあついんです!
Actually,Thai premier league is hot now!







タイのプレミアリーグとは…
What is Thailand's Premier League ...

タイ・プレミアリーグ
タイ語ไทยพรีเมียร์ลีก英語Thai Premier League)は、タイ王国におけるサッカーリーグのトップディビジョン(1部リーグ)である。大会スポンサーであるトヨタ自動車(現地法人)の名を冠し、トヨタ・タイ・プレミアリーグとも呼ばれる。略称はタイ・リーグไทยลีกThai League)、またはTPL。(ウィキペディアより抜粋)

The Thai Premier League (Thai: ไทย พรีเมียร์ ลีก, English: Thai Premier League) is the top division of the football league in the Kingdom of Thailand (first division league). It is also called Toyota · Thailand · Premier League, bearing the name of Toyota Motor (local corporation) which is a convention sponsor. Abbreviated name is Thai / League (ไทย ลีก, Thai League), or TPL. (Extracted from Wikipedia)







マレーシアのマレーシア・スーパーリーグと並ぶ東南アジアで最も人気のあるリーグのひとつだ。
It is one of the most popular leagues in Southeast Asia alongside Malaysia / Super League in Malaysia.







タイのプレミアムリーグの歴史は、1996年タイサッカー協会により発足し、その前身であるコーロイヤルカップに所属していた18チームが名を連ねた。2007年に地方リーグとプレミアムリーグの合併があり、2017年現在は5つのカテゴリーに分かれている。
The history of Thailand's premium league was established by the Thai Football Association in 1996, and 18 teams belonging to the Koroyal Cup, which was its predecessor, have been named. There is a merger of the regional league and the premium league in 2007, and it is divided into five categories as of 2017.







多くの日本人プレーヤーがタイのプレミアリーグに在籍
Many Japanese players are enrolled in Thailand's Premier League

岩政大樹(現ファジアーノ岡山)をはじめ、茂庭照幸(現セレッソ大阪)、カレン・ロバート(現ソウル イーランドFC/韓国)など、元日本代表やJリーグトップクラスの選手がこぞって移籍したことで、一躍脚光を浴びたタイリーグ(※)。昨季(2014年シーズン)は、60人を超える日本人プレーヤーが、1部~3部の各クラブに所属し、活躍していた。(live door new記事より抜粋)
Former Japanese delegates such as former Japanese Tajiki (currently Faziano Okayama), Teruyuki Shigei (currently Cerezo Osaka), Karen Robert (currently Soul Eland FC / Korea), former Japanese delegates and J-League top class players all transferred, A tie league (*) which took a shot. Last season (2014 season), more than 60 Japanese players belonged to each club of 1 to 3 copies and was active. (Extracted from live door new article) 

タイの大衆向け英字新聞Bangkok Post の記事も発見したので載せておきます。
I also found an airticle on Bangkok Post which is the most polular newspaper by English in Thai.

以下バンコクポストの記事より
From the article of Bangkok Post below

サッカーはタイで最も人気のあるスポーツの一つであり続けてきたが、地元のファンではなく、マンチェスター・ユナイテッドやリバプールなどの欧州チームや英語チームに従事する傾向があった。しかし、タイのサッカー協会は、1996年にタイ・プレミアリーグを開始したが、リーグのチームは、商業銀行、政府機関、またはタイ王国海軍や港湾局などの国営企業のような組織の下でものプレーだったため、非常に制限を強いられるものだった。しかし、2007年の地方リーグの合併により、急速に人気を博しました。
Football has been one of the most popular sports in Thailand, but tended to engage in European teams and English teams such as Manchester United and Liverpool, not local fans. However, the Thai Football Association started the Thailand Premier League in 1996, but the league's team is under the control of commercial banks, government agencies, or organizations such as state enterprises such as the Thai Kingdom Navy and Port Authority It was a play, so it was very restrictive. However, due to the merger of the regional leagues in 2007, it has gained popularity rapidly.


その結果、スポンサー契約などの投資が始まりました。タイ・プレミアリーグ・カンパニー(TPL)のオング・アージ・コシカー(Og-arj Kosinkar)氏は、タイのプレミアリーグの成功は世界中から注目を集めていると言いました。
As a result, investment such as sponsor contract started. Og-arj Kosinkar of Thailand Premier League Company (TPL) said that the success of Thailand's Premier League is attracting attention from all over the world.

また、同氏はタイのプロサッカーリーグで35億バーツ以上の現金が流通していると推定している。
In addition, he estimates that more than 3.5 billion baht of cash is distributed in Thailand's professional football league.

「タイのプレミアムリーグは年々強くなってきている」同氏は力強く述べた。 
"The Thai premium league is getting stronger year by year," he said powerfully. 

 

(Bangkok Postの記事A league of their ownよりちゃいよー翻訳・要約)
(Bangkok Post's article “A league of their own” Chaiyo summary)

タイにおけるサッカーは、ムエタイ同等の国民的人気スポーツである。娯楽としてだけでなく、今後は国の経済を支えるビックビジネスの一つとして成長していくだろう。
タイ代表と日本代表がワールドカップで対戦する日がくるのもそう遠い未来ではない。
Football in Thailand is a national popular sports equivalent to Muay Thai. As well as entertainment, it will grow as one of the big businesses that will support the nation's economy in the future.
It is not so distant future that Thai national team and Japanese national team will be playing against each other in the World Cup.


(2017年3月5日 ちゃいよータイムズ)
(March 5, 2017, Chaiyo Times) 

このページのトップヘ