ちゃいよーの気まぐれブログ

カテゴリ: 北海道

どうもちゃいよーです。

今日は朝からユネスコ世界遺産にも登録させている知床半島を散策ー



熊の出没を彷彿とさせるステッカー。
[画像:9338bcb8-s.jpg]

知床峠からの眺め

[画像:754951c2-s.jpg]
[画像:3b31d8bc-s.jpg]
[画像:12d4628d-s.jpg]

知床国立公園

[画像:d34dadfc-s.jpg]

遊歩道から知床5湖周辺を散策したよ
[画像:4c2a3470-s.jpg]


売店には熊鈴が‥
観光地化されたような場所では人に馴れた(人工的な音)熊には効果がないと昨今言われてますがどうなんでしょうね‥

[画像:ab958d39-s.jpg]

オシンコシンの滝!

日本の滝100選にも選ばれてます

[画像:9caf2a00-s.jpg]


[画像:8405cdaf-s.jpg]


売店には 幻のオイル熊の脂が。
その効能は凄いらしく、知る人ぞ知る万能薬なのだそう。

[画像:f0c4eab5-s.jpg]

知床堪能わず(^^)/ 

ここから一気に今日の宿がある猿払村に向かう。

知床から猿払まではなんと約360㎞!











枝幸の道の駅「マリーンアイランド岡島」でトイレ休憩〜
建物が船の形になっている。
[画像:c2f3967d-s.jpg]









猿払村にかなり近づいて来た。
街灯がなくてかなり怖い‥😭
[画像:5149c4e0-s.jpg]

S氏→ちゃいよー→K氏という見事なドライバーリレーによりなんとか走破

猿払村に到着ー。
今日は大学の後輩の実家で泊まらせていただきます!
後輩は不在なんだけどね笑


実はこの村‥




日本で一番裕福な村なんです!





ホタテの漁獲量が日本一であり、平均所得はなんと全国9位


しかし、昔は「貧乏見たけりゃ猿払行きな」と言われるような貧乏村だったそうだ‥


もっと猿払村のことについて知りたい方は以下のリンクから↓
北海道の最果てにある、セレブな村がなにかと凄い
平均所得が全国9位! 北海道猿払村のナゾ
猿払村は、いかにして地域漁業を復興させたのか?


晩御飯に新鮮な刺身ご馳走様です!
美味しくいただきました😉 それでは、おやすー
[画像:9729269c-s.jpg]

車で北海道一周7日目 知床→猿払村 

続く‥



どうもちゃいよーです。
車で北海道一周6日目スタート


昨日は結局あ・そ・こで寝れず、結局レンタカーで一夜を明かしました‥笑



それでは、網走に向けて出発ーー。












道の駅愛ランド湧別で休憩ー
[画像:e79195ba-s.jpg]









道の駅の隣には遊園地があるではありませんか!

[画像:c3aefcf3-s.jpg]


せっかくなのでゴーカートに乗ったよ😜
[画像:4d1c0382-s.jpg]

ゴーケートからの景色サイコーー

[画像:3d89e2f2-s.jpg]

また、遊園地から日本三大湖で知られるサロマ湖を一望できます。
[画像:38e1c247-s.jpg]

さぁ気を取り直して網走へー





網走に到着〜

道の駅「流氷街道網走」でひと休憩。
[画像:41381a7b-s.jpg]

[画像:fce18fb6-s.jpg]

この道の駅なんと‥
じゃらん2017年道の駅満足度総合ランキング第一位選ばれてるじゃん!

今まで立ち寄ってきた数々の道の駅とは違い、多くの外国人旅行旅行客で賑わってました。

[画像:e34cf01e-s.jpg]




道の駅の目の前には海が!冬は流氷をみにまた来たいなぁ〜
[画像:8a1143c6-s.jpg]

ここからは網走をのんびり観光〜〜


網走といえばアレが有名ですよね



そう、





網走監獄です!


行って来ました。

博物館 網走監獄は、明治時代から実際に網走刑務所で使用されてきた建物を保存公開している野外歴史博物館です。 
もっとも古い建物は、網走に刑務所がやってきて6年後、今から120年も前の建物です。現在と違って木を製材するのも、機械を使わずに手作業で行ったころのこと、太い梁や柱には、囚人達が削ったあとが荒く残っています。
出典:博物館 網走監獄公式サイト

[画像:2706cf45-s.jpg]

[画像:723bf69a-s.jpg]


「昭和の脱獄王」白鳥由栄はこの鉄格子をくぐり抜けて脱獄したらしいよ!
やばいよね笑笑

[画像:2890191e-s.jpg]

当時刑務所として利用されていた建物

[画像:8cc3dd97-s.jpg]


監獄博物館からの

もう二つ博物館をはしご〜




網走郷土博物館に行ったり〜

 [画像:92f8cd84-s.jpg]




モヨロ貝塚館に行ったり〜
[画像:1c28a805-s.jpg]
[画像:4644e935-s.jpg]
[画像:659a4b8e-s.jpg]


モヨロ貝塚をそのまま剥ぎ取ったもの↓
人生初貝塚!歴史を肌で感じる。
[画像:2a79140a-s.jpg]

ここから北見に行き、

関西で用事を済ませ再び北海道に帰って来たS氏と無事合流し、

知床に向かう。

道中に遭遇しつつ(^_^;)



無事に到着〜





今日はこんな宿で一晩過ごすよー。(翌日の朝撮影)
[画像:47670391-s.jpg]
[画像:9a916504-s.jpg]

車で北海道一周六日目 おこっぺ→網走→北見→知床

続く‥


どうもちゃいよーです!
車で北海道一周五日目スタート。

ゲストハウスとまやのおかみさんK子さんに別れを告げ、K氏の祖父母のいる北見へ向かう。









美幌峠では、目の前が霧で覆われる。

[画像:8eff1322-s.jpg]

[画像:6acc0495-s.jpg]



なんとか無事に北見に到着ー

[画像:2e96acac-s.jpg]




今日のランチはシースー。
なんと北見にはトリトンの本店があるのだ。

トリトンは道内に13店舗、東京に2店舗ある回転寿司チェーン店である。


道内の寿司屋さんの全てが必ずしも美味しいというわけではない。まさに群雄割拠である北海道の寿司市場の中でもトリトンは評判の高い寿司屋さんの一つなのだ。
[画像:0a84470c-s.jpg]

[画像:f944aeb3-s.jpg]

数皿食べ、今夜どこに泊まろうか決める。

実はこの時点でどこに泊まるか決めていなかった‥😅


今夜はどこに泊まろうかと検索していると‥

どうやら興部(おこっぺ)の道の駅に無料宿泊所があるらしい!

興部に向かうことに!









道の駅おこっぺに到着〜

[画像:9f6832fc-s.jpg]










そして、今日の宿を発見!

以前使われていた車両を無料宿泊所として開放しているそうだ。

[画像:1c2a37d5-s.jpg]



中はこんな感じ〜。
充電もできるし、充実した施設!
[画像:18d83313-s.jpg]

今日はここで寝ます。 おやすみ〜

[画像:fd44abb8-s.jpg]


車で北海道一周五日目 根室→北見→興部 

続く‥

明日から関西で予定のあるK氏と帯広駅で一旦お別れ。
[画像:144b0152-s.jpg]

帯広といえば豚丼が有名!


駅のキヨスクでは豚丼グッズがずらり…
豚丼チョコってどんな味するんだろ…笑

[画像:2fa556a6-s.jpg]




それでは、釧路に向けて出発〜〜



十勝平野
を横目に気分爽快なドライブ~
明治中期,依田勉三の率いる晩成社をはじめとする入植により開拓が進み,畑作農業が発達。経営規模が大きく機械化が進み,インゲンマメ,アズキ,ダイズジャガイモテンサイコムギなど主要作物も豊富。山麓と海岸では酪農が盛ん。播種期の強風を避ける大規模な耕地防風林と,植民区画と呼ばれる方形地割りが景観上の特色。
出典:十勝平野とは

[画像:be140b29-s.jpg]

[画像:790b6810-s.jpg]







北海道名物!? まっすぐな道!
[画像:50b5ee0c-s.jpg]


こんな看板を発見。道の駅しらぬか恋問で休憩タイム〜

[画像:54d5c2a6-s.jpg]
[画像:8f01275e-s.jpg]

[画像:9d91be6f-s.jpg]





道の駅の裏には砂浜が!
[画像:d530c6d3-s.jpg]

いい休憩が取れたので、ここから一気に釧路まで向かう。







道中にこんな看板を発見!

[画像:2ada87c5-s.jpg]




おっぱい神社の神様!?乳神神社!??







ちょっと気になるので行ってみました。





これが乳神神社!!

[画像:b9f4e1f4-s.jpg]

なぜ、この神社がおっぱいの神様!乳神神社となったのか、

そこにはこんなストーリーがあったのです‥
浦幌町の西北部、池田町との境にある瀬多来地区の豊かな森の奥に、乳房のような二つのこぶを持つナラの老木があました。

大正の中頃、吉田という老婆がこの木を見つけ、「孫のため、母親に乳を授けて下さい。」と一心に祈願したところ、願いが成就したのが乳神信仰のはじまりで、乳授大神(ちちさずけおおかみ)・乳授大明神(ちちさずけだいみょうじん)などと呼ばれて信仰されるようになりました。

昭和37年、台風によりナラの御神木は倒れてしまいましたが、かろうじてこぶが残ったため、住民の手で地元の瀬多来神社の境内に小さな祠を建立し、こぶをご神体としておまつり致しました。

昭和57年、瀬多来地区の過疎化が進む中、乳神様の御神徳を広く世に広めようと御神木の土地所有者や地域の女性等14名が発起人となり奉賛会を結成、浦幌神社の境内に旧「浦幌炭礦」にあった炭山神社(常室神社へ合祀)の本殿を移築し、遷座祭を斎行致しました。当時、御神体のこぶは、ひどく劣化しており、きれいに残った右側のこぶを御神体としてお移し致しました。

以来、乳神様は、浦幌神社の境内社「乳神神社」としてご鎮座され、地元の方々より「乳神さん」の名で親しまれながら、子宝・安産・縁結び・病気平癒(婦人病)の守護神として、十勝、北海道、全国へと信仰が広まっていきました。
出典:乳神神社公式サイト


この神社の全貌については後日個別で書きます!








なんやかんやで釧路に到着ー笑





釧路でこんな変わった地名を発見‥





[画像:1dd16f73-s.jpg]


北海道なのに鳥取!??

明治時代に鳥取からやってきた入植者が多かったためこのような鳥取という地名になっています。
他にも、道内各地に岐阜、山口、徳島など数多くの地名がありますよ。


釧路でちょいとのんびりした後は根室へ。







無事に根室に到着〜



そのまま日本最東端、納沙布岬へ






[画像:5f01bcc2-s.jpg]


この海の先の島々はロシアの管理下に置かれている‥
領土問題を考えさせられる場所でした。

[画像:bff32c65-s.jpg]

[画像:26faaada-s.jpg]






今日はここ、レストランどりあんでディナ〜

ここのエスカロップは根室ナンバーワンご当地グルメです!

根室市の誰もが知るエスカロップ‥一体どんな料理なんだろう
[画像:45f3c69e-s.jpg]
[画像:3b767f10-s.jpg]


早速エスカロップを注文











エスカロップとは‥










これだ!










[画像:84c0a8d3-s.jpg]

エスカロップの名前の由来と歴史についてはこちらから→エスカロップという根室名物料理






晩飯を済ませ、今日の宿へ‥






今日の宿は‥



ゲストハウスとまやです。



なんと、ここ日本最東端のゲストハウスなんです。

[画像:ba63df44-s.jpg]

それでは、おやすみ〜

車で北海道一周 帯広→釧路→根室 走行距離 301キロ

続く‥


どうもちゃいよーです。

いとことお別れの前に記念撮影をぱしゃり。
ポーズは小学生の間で流行っているらしいスプラトゥーン!?のポーズ笑↓
[画像:1af3e862-s.jpg]



ここから襟裳岬へ~








襟裳岬に到着!
絶景とはまさにこのこと!
[画像:89257807-s.jpg]

[画像:2008012a-s.jpg]

[画像:1cd74d3a-s.jpg]

[画像:7fa73c43-s.jpg]



また、襟裳岬にある風の館では野生のアザラシをみたり、襟裳岬の強風を体験したりー
[画像:f098e865-s.jpg]

野生のアザラシがみえるよ!

[画像:26c29f84-s.jpg]
[画像:bb17e2b6-s.jpg]
右上の岩場にのってる数匹のアザラシを発見!




風速25メートルの風に狼狽えるK氏
[画像:416ff4e1-s.jpg]




レストランありけり。ここでちょいと遅めのランチ~
[画像:4d6dfb87-s.jpg]

レストランの目の前にはこんな看板が…



[画像:6158def1-s.jpg]

スーパーうに丼

からの…




ミ…






ミステリーラーメン!?





めっちゃ気になりますやん。(道民なのに謎の関西弁笑)







てことで








注文してみた。










ミステリーラーメンは…





こ・れ・だ。









[画像:d01b0bac-s.jpg]

カニ、ホタテ、エビ、つぶ、かき、昆布など近海の海でとれた新鮮な海鮮が入った豪華なラーメン!

ここから今日は帯広へ。



道中‥


何回か

鹿に遭遇!




まぁしかとしましたけどね笑


そんなこんなで帯広に到着ー。
おやす✋


車で北海道一周三日目(苫小牧→襟裳岬→帯広) 走行距離 

続く…

このページのトップヘ