ちゃいよーの気まぐれブログ

カテゴリ: 別府

 イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

初めてちゃいよーブログを訪れた方はこちらの記事から↓

【ちゃいよー初心者の方へ】ちゃいよーって誰やねんっ!??て人はまずこれを読んでね!


昨年12月にオープンしたばかりの別府アートミュージアムに行ってきました!DSC_0698





実はこの美術館、他の美術館とかちょっと違うんです。


な・ん・と





写真撮影&SNSでの投稿してもいいんです。



てことで中の写真をたくさんとってきたので、みなさんに共有したいと思いまーす。










DSC_0668
別府市在住でこの美術館の栄誉官庁でもある工藤和男氏の作品エリア。
彼は数々の作品で受賞されています。

DSC_0669


DSC_0670



DSC_0672
世界の名画エリア

DSC_0676
本名がめっちゃ長くねおなじみ!ブロピカソ 「カンヌのアトリエ」

DSC_0678
丸めがねでおなじみ! 藤田嗣治 「少女と鳩」

DSC_0680
サルバドール・ダリ 「ポルト・リガトの聖母」



DSC_0689
江戸、明治時代の作品エリア

DSC_0688
日本史の教科書に載ってるでおなじみ! 雪舟 「筆山水長巻」

DSC_0690
有名人の作品エリア

DSC_0693
ビートルズ4人合作の絵 「Imagine of woman」
原版を起こした世界に10枚しかないリトグラフの内の1枚なんだそう!

DSC_0696
北野武(ビートたけし)氏による絵画

世界の名画から有名人の作人まで様々なアートに触れることができる別府で唯一無二
の場所だと思います!また、作品の写真をとってSNSに投稿したり、作人をみながらワインを嗜むこともできる新感覚の美術館です。みなさんもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?


それじゃ、再见〜

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

初めてちゃいよーブログを訪れた方はこちらの記事から↓

【ちゃいよー初心者の方へ】ちゃいよーって誰やねんっ!??て人はまずこれを読んでね!


本日も温泉巡りわず〜

【ホテルシーウェーブ別府】
[画像:2808fcdb-s.jpg]



[画像:0a0b3ec3-s.jpg]

別府駅のすぐ目の前にある好立地なホテル。駅前ということもあり、限られたスペースの中で、工夫の施された温泉でした。

【ほの香】
[画像:fb667bba-s.jpg]
開放感溢れる露天風呂でした!




【かなわ荘】
[画像:cfabc070-s.jpg]

[画像:b03d8814-s.jpg]

[画像:6fe76691-s.jpg]
連日旅行客で賑わせている旅館。露天風呂と室内での温泉は別料金となっており、今回は室内のみ入りました入りました。室内には浴槽と蒸し風呂がありました。蒸し風呂で体の芯までポッカポカに!

それじゃ、今日のちゃいペディア行ってみよー

【ちゃいペディア】別府温泉は〇〇が日本一??

別府は日本でも有数の温泉街として知られています。

そんな別府の温泉は、あることで日本一なんです。





それは‥














源泉数温泉湧出量です。

毎分8万7千リットル湧き上がっており、この数字は世界でもなんと二番目

また、全部で11種類ある温泉のうち、別府温泉にはなんと10種類もの泉質の温泉を楽しむことができます。

これは、日本でも別府だけです! みなさんぜひ、別府へ!ちゃいよーが案内しますよ。

それじゃ、再见〜

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

初めてちゃいよーブログを訪れた方はこちらの記事から↓

【ちゃいよー初心者の方へ】ちゃいよーって誰やねんっ!??て人はまずこれを読んでね!


本日は、ガストロノミーツーリズム??とは

「ガストロノミーツーリズム」とは、欧米で普及している旅のスタイル。その土地を歩きながら、その土地ならではの食をたのしみ、歴史や文化を知る旅のことをいいます。
ここに日本が世界に誇る「温泉」をプラスした新しい体験が
「ONSEN・ガストロノミーツーリズム」です。
「温泉」ではなく「ONSEN」としたのは、日本国内のみならず、海外からの観光客の方にも温泉の魅力を広く発信していきたいという思いがあるからです。
「SUSHI」「NINJA」などと同じように、「ONSEN」が日本の魅力を表す国際語になるようにという願いも込めています。
出典:ONSEN・ガストロノミーツーリズムとは

それでは、早速行ってみよー


image

集合場所は別府公園でした。ミス別府のオープニングトークがあり、ガストロノミーガストロノミーウォーキングスタート!






image
最初のスポットは、明礬温泉と湯の花小屋の見学〜〜
江戸時代から変わらぬ

image
image
image
image
地獄蒸しプリンが有名な岡本屋に到着!ここからは次のスポットまでは、数キロ歩きます。
image
湯の花小屋を横目に歩いて行きます。


image
歩いて感んじる。これぞガストロノミー。
image
ドライザボン!

image
海地獄!
image
透き通ったブルーな温泉と勢いで圧倒する湯けむり。これが海地獄名物なり。
image
大鬼蓮(オオオニバス)という大きいハスもみることができます。時期も時期なので、小鬼蓮という感じでしたが‥笑
image
名物地獄蒸しプリン!濃厚で美味しさが詰まったプリンでした。
今度各地獄でプリンを食べ比べてして見ようかな。
image
足湯もあります。地味にここで、【ちゃいよー温泉名人への道のり】No43個目のスタンプゲット。


image
蒸士茶楼に到着〜 かんなわ温泉の天然蒸気を利用し、調理しているお店。

image
汽鍋料理。蒸気の熱により乾燥させて具たちがスープと絡み合っていい仕上がりになってました!

image
大黒屋に到着〜 

image
温泉の蒸気で蒸された手羽先。芯までしっかり蒸されていて、お肉がとろっとろでした。



image
富士屋 明治時代に建てられた趣のある外観が特徴的。

image
温泉のオンフィチュールのカナッペ。温泉で蒸されたフルーツがのってました。
これがカナッペ!?なるものか‥






image

ゴールの大谷公園にとうちゃーく。最後にべっぴょんとパシャリ。


大変満足のイベントでした。 別府に3年間いても、まだまだ知らないお店や料理があったので、別府をさらに知るいい機会になりました。ガストロノミーウォーキングというイベントはまだまだ発展途上のイベントだと、思うので、これからどのようにして日本に普及させていくのか興味深い!


それじゃ、再见〜

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

初めてちゃいよーブログを訪れた方はこちらの記事から↓

【ちゃいよー初心者の方へ】ちゃいよーって誰やねんっ!??て人はまずこれを読んでね!




本日は、鍋山の湯・鶴の湯と2つの秘湯にいってきました〜〜




 


DSC_1870-compressor

明礬温泉近くのバス停からスタート!ここから秘湯に向かってひたすら歩きます。

DSC_1876-compressor
山道を登って行きます。
 
DSC_1880-compressor
絶景を横目に歩き続けます。
DSC_1884-compressor
あれ‥道になんか険しい道に入ってきた‥

DSC_1893-compressor

気付けば、めちゃめちゃ険しい道に‥完全に道間違えてるくね?ww

DSC_1894-compressor
道に迷ってるけど、目の前に崖があったので、とりあえず登ってみる。

DSC_1902-compressor


へびん湯…と見せかけて鍋山の湯!!!_171112_0070

なんやかんやでめっちゃ高いところまで登ってたwww 上の方でタオル広げているのが僕です。



崖に登ったり、ラジバンダリしつつ、ついに辿り着きました‥



鍋山の湯はこ・れ・だ


へびん湯…と見せかけて鍋山の湯!!!_171112_0026
大自然の中で、海も見下ろすことのできる珠玉の秘湯。
成分が湯の中にしっかりと含まれており、濁りのある湯でした。

へびん湯…と見せかけて鍋山の湯!!!_171112_0052
至福のひと時〜
へびん湯…と見せかけて鍋山の湯!!!_171112_0053
シンフロ!これはインスタ映え。








ポーズも決まったところで、次の秘湯へ







その途中で

へびん湯…と見せかけて鍋山の湯!!!_171112_0173
素晴らしい景色を背景にジャンプしたり
へびん湯…と見せかけて鍋山の湯!!!_171112_0045
決めポーズで写真とったりしつつ






なんやかんやで本日第二の秘湯、鶴の湯に到着!!







へびん湯…と見せかけて鍋山の湯!!!_171112_0031
こちらが足湯ゾーン。

多くの入浴者がいたため、写真は取れず‥

広島や福岡など、遠方からわざわざきてる方もいました。

別府にくる際は別府が誇る秘湯へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

また次回、本日行けなかった別の秘湯に行ってみたいと思います。


それじゃ、再见〜

イランカラプテ〜

どうも、ちゃいよーです。

初めてちゃいよーブログを訪れた方はこちらの記事から↓

【ちゃいよー初心者の方へ】ちゃいよーって誰やねんっ!??て人はまずこれを読んでね!



今日は照湯に行ってきました〜

DSC_1967

DSC_1969

こちらが照湯!成分がたっぷり詰まっている濃い!?温泉でした。

DSC_1970

目の前には川が流れており、自然に囲まれてます。

それでは、本日のちゃいペディアいってみよう〜

【ちゃいペディア】〜あの戦国武将も温泉好きだった??

あの戦国武将とは‥

甲斐の虎の異名をもつ武田信玄です。

越後の龍の異名をもつ上杉謙信との川中島の戦いが有名ですよね。

信玄は、戦で疲れた家臣の療養の場として温泉に注目したと言われてます。

甲府(現在の長野、山梨)には30以上の“信玄の隠し湯”が存在します。

ぜひ、山梨・長野に訪れる際には行ってみて下さい。

それじゃ、再见〜

このページのトップヘ